2018~2019 参加予定イベント

*2018年*
12/14 ~16 森のパン屋さんvol.3(ギャラリー短篇集・大阪中崎町)

*2019年*
2/1〜15 うるかわby手作市場(なんばマルイ2階・大阪)
3/7〜17 イチゴイベント(東京)
3/21〜25 うさピヨイースター(hakomittu.アトリエ・大阪中崎町)

「80’s ガーリーコレクション展」に行って来ました!!【手塚治虫記念館 at 宝塚】

「80’s ガーリーコレクション展」に行って来ました!!【手塚治虫記念館 at 宝塚】

皆さま、こんにちは!
おとぎの森のspica-pikaです♪

本日は、先週見に行った
「80’s ガーリーコレクション展」の感想を綴りたいと思います!

 

先週、私はすっごく偶然twitterで素敵な展示が関西で行われている事を知りました…

それは、「80’s ガーリーコレクション展」!!

まず最初にtwitterのタイムラインにこの情報が流れてきた時
おおぉ!!可愛い!!!とテンションがあがったと同時に
どうせ、東京なんでしょ?と諦めに似た気持ちで開催場所を調べました

そうしたらなんと、宝塚の手塚治虫記念館で開催中とのこと!!ヽ(*゚∀゚*)ノ

これは、行かねば!!!

即座に、こういうカワイイものが好きな
それでいて付き合ってくれそうな友人に連絡し約束を取り付け
二人で行ってまいりました!

手塚治虫記念館!!

上の方が虹色に輝いている建物が目印!

外に火の鳥がいて

色んなキャラクターの手型足型があります (写真はピノコとブラックジャック)

建物に入るとリボンの騎士のキャラクターのタイル画がお出迎えしてくれるの! かわいい〜!

天井にも素敵カワイイ絵が!!

チケットも可愛い

このチケットはランダムで絵柄があるみたいで
今回はアトムとレオでした♪

 

もう、まだ展示場所に着いていないのに
かわいい!カワイイ!と盛り上がるアラサー女子ふたり

この時点でだいぶテンションがあがっていましたが
まだまだ序の口でした

 

展示場所の2階にたどり着くと
今回の展示のメイン画像がお出迎え!

「”カワイイ”は時間を超える」

ほんと!ほんとにな!!
かわいいって時間超えるよね!
とうなずき合う私たち

そんな私たちをまずカワイイの代表キティさんがお出迎え

でもこのキティさんよく考えたら70年代生まれなんだけど
やっぱり外せないですよね〜

みんなが大好きキキララも♪

そのほかマイメロにタキシードサム、ゴロピカドン
サンリオ以外からも「うちのタマ知りませんか?」も!

たくさんキャラごとにグッツが飾ってあって
懐かしい!これ持ってた!!

などワイワイ言っていたら私たちの前に現れた夢のお部屋

うわーーーーーー

こんな部屋欲しかったぁぁぁぁぁ!

何ですか、このカワイイに溢れた部屋は
ガラス天板なちゃぶ台かわいい!
ラジカセだよ!!赤いよ!かわいい!!
わかるー!ケロッピかわいいよね!この空間には差し色でケロッピだよね!!
こんなところでリボンとかなかよしとかずっと読んでたいわ〜!

と気持ちが小学生女児に戻り
キャッキャと盛り上がっていると
次に現われたのはすごい数のズラーーーっと並んだコレクションたち!

カンペン!!懐かしい!!
この赤い車の見たことある〜!!

ティッシュ!持ってた持ってた!
うわ!ウィンキィピンキィだ!大好きだったぁ!

絆創膏!!これ交換とかしたよね〜
このパッケージ蓋がちぎれてくるんだよね

などなど。盛りだくさん

そして最後はユニコがお見送り♪

ちゃんと手塚治虫の原画も飾ってあります

ユニコって手塚治虫がアメリカにあったサンリオのスタジオに遊びに行った際に生まれたんですって!
だからユニコの映画ってサンリオ提供なんだ!

あぁ、やっぱりユニコかわいいなぁ
キキララもいいけど、ユニコ大好きやわ〜

というわけで最後の塗り絵コーナーで、いろんな絵柄がある中
私はユニコを選択

心が少女に戻ったからやっぱり塗り絵もして帰らないとね!
と友人と二人で本気の塗り絵
横にいた幼児には負けないゾ☆ってな気分で塗ってきました

 

展示を観覧中、我々アラサー女子二人とも
かわいい!カワイイ!懐かしい!!
と3語のみで会話していた気がします

語彙力が吹き飛ぶくらい可愛かったです

なんというか、最近この懐かしい感じのキャラクターが
色々と復刻されグッツ化されていますが
絶対にこの可愛さにはならない
という当時のパワーがありました

何でしょう?その時代の熱というか
価値観というか…

今のグッツって技術の進化からか
キラキラエフェクトからのグラデーション背景で
線も細いんですよね

でも80年代だと印刷技術とかそういったもののせいか
線が太い!そして垢抜けない!!
だが、そこがかわいい!!!

みたいな

懐古の気持ちがそうさせるのかもしれないんですけど
線がシンプルで色数も少なくて
そんな条件の中で一番のカワイイを探し当てた!

みたいな

あーこんなシンプルな可愛さいいなぁ

と、とってもないものねだりな気持ちになりました

spica-pikaのうさぎ姉妹のスピとピカも
こんな風に何年何十年たってもカワイイと思ってもらえるような子たちに
なれたらいいな

と思いました

そのためには、ひと針ひと針丁寧な制作をすること

そして、スピとピカやおとぎの森の動物たちを好きでいてくださる皆さんの
喜んでくださるお顔を思い浮かべながら作ること

そしてそして、私自身がカワイイ!!と思えること

が大切だなと、改めて思いました

キティだってユニコだって、きっと女の子が喜ぶ顔を思い浮かべながら
生み出されたものだと思うから

自分がガールだった頃の「カワイイ!」とトキメク気持ちと
カワイイものを作るのに大切なこと

この大きな2つをもらえた素敵な素敵な展示でした

この展示は2月20日まで、兵庫県宝塚市の手塚治虫記念館にて開催されていますよ♪
↓↓↓
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/4000020/4000173.html

80年代をガールで過ごした皆さまは
絶対めっちゃトキメキが待ってますよ〜!!
行くべし!!

長々としすぎでしたかね?(>_<;)

ここまで読んでくださりありがとうございます!
おとぎの森の刺繍作家スピカピカでした♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)